心理

身長が高いほど信頼できる?米朝首脳会談でも利用された「権威効果」とは

どうも、160cm男子のいむるた(@imurutalog)です。

今回は、身長と心理の話。「権威効果」について書いていきます。

権威効果とは

「肩書きや地位、見た目によって、その人物への評価が無意識のうちに変化する」

これを心理学では、「権威効果」といいます。具体的に言うと、

・「私は会社の取締役だ。」と言われると、信頼できそうに見える

・白衣を着ている人は、説得力がありそうに見える

・身長が高い人は、リーダーシップがありそうに見える

 

身長や地位が高いと好印象を受けるのは、権威効果が関係しています。

冒頭の自己紹介で「え、こいつ160cmかよ。ちいさっ!大したことなさそうだな。」って思いましたか?それも、権威効果です。

北のトップも利用?

2018年の歴史的出来事「米朝首脳会談」の身長差に関する記事があります。

参照:http://news.livedoor.com/article/detail/14857318/

 

リンクに飛ばなくてもわかるように説明すると、

・二人が並んだら、明らかに身長差が少ない!

・これはシークレットブーツ履いてるぞ!しかも14cmくらいありそうだ

・トランプ大統領も、本当は190cmもないとか…

 

完全な事実とは言い切れませんが、写真を見る限り、北のお偉いさんは上げ底をしていたはず。

なぜ、そこまでして身長を高く見せる必要があるかというと、権威があるように見えるから。

交渉ごとの際、シークレットブーツを履くと商談成功率がアップするという研究結果もあります。

権威効果は、別名「シークレットブーツ効果」ともいわれます。

大事な商談では、上げ底してみるといいかもしれません。(ただし、元々の身長がすでに知られている場合には、あまり効果が期待できません。)

もともと低身長の人はどうすればいいか

権威効果は、高いもの(地位や見た目など)が良く見える心理効果。動物界でも、権威を示すときに自分を大きく見せることがよくあるので、人間も同じですね。

「じゃ、もともとちっちゃい人は終わりじゃん!」

いや、そうでもないと思うんです。

 

・背が高い、大きい→地位が高そう、信頼できそう

残念ながら、この方向は無理です。諦めてください。でも、逆ならいけますよ!

 

・地位が高い、尊敬できる→大きく見える

こっちの方向を目指しましょう。何かの専門家になるというのも手です。

 

オーストラリアの大学では『同じ人物を「学生として紹介した場合」と「教授として紹介した場合」では、教授として紹介されたときの方が身長が高く見える』という研究結果が出ています。

権威効果で身長を盛ろう!

背の高さを変えるというのは、大人になってからでは難しいですよね。

自分の身長を言った時に「そんなに小さく見えなかったです!」と驚かれるくらいに、周りから信頼される存在になりましょう。

「おれなんて、どうせ背が低いしな…」と、猫背で自信がなさそうな人はますます小さく見えます。

 

背のことで悩んでる学生は、学級委員でも立候補してみるといいかもしれません。

社会人の方は、良い服装をしたり、資格を取ったり、肩書きをつけたりして、評価を上げましょう。

権威効果を逆手に取れば、実際の身長よりも大きく見せることができますよ!

ABOUT ME
いむるた
いむるた
身長160cmの男子。Sサイズに愛され続けて24年。背は伸びないので、ブログだけでも伸ばしていきたい。 雑記ブログも元気に運営中